キャッシング徹底比較ガイドの利用案内

当サイトではキャッシング会社の徹底比較を行っております。キャッシング会社と一口に言いましても、昨今では、とても多くのキャッシング会社が存在しており、利用者にとっては選択の幅が広がる反面、果たしてどのようなキャッシング会社を利用するべきなのか判断がつかないといった声をよく耳にします。

 

そんな中で、当サイトはキャッシング会社の選び方を多方面からお答えしていきます。そもそも、どのようなキャッシング会社を利用したらいいのかという答えは、利用される方によって大なり小なりの違いがあります。たとえば、少額の利用を希望するのであればA社がお得であるが、多額の利用を希望するのであればB社を利用することがよりお得になるといったことがままあります。

 

ですから、当サイトでは、キャッシング会社を選ぶ際にポイントとなる点をご紹介した上で、その利点などのご説明をさせていただいております。あくまで、これからキャッシング会社を利用される方への補助的な役割とはなりますが、当サイトをお役立ていただければ何よりです。

 

また、当サイトでは、キャッシング会社の選び方の参考となるまとめのほか、キャッシングを利用するにあたって知っておくと便利な情報などもまとめております。

 

キャッシングの利用はとても簡単に、誰でもできるものと年々なってきてはおりますが、キャッシングをよりお得に使いこなすためには、やはりある程度の知識をお持ちの上での利用がおすすめされますので、ぜひともそちらもご覧いただければと思います。

キャッシング会社を選ぶその前に

それでは、早速キャッシング会社を選ぶ方法についてお話していきたいところなのですが……その前に、ひとつだけ準備をしておくことをおすすめします。

 

あなたは、どのような用途に、どの程度の金額をキャッシング利用したいと考えていらっしゃいますか?
また、その金額ですと、およそ何ヶ月で返済することができそうでしょうか。

 

上記をできる限りで良いですから、紙などに書いてまとめるなどして、きちんとした利用イメージを構成していただきたいのです。そうすることで、「あなたにとってより良いキャッシング会社とはどんなものなのか」といったものも明確になるからです。

 

たとえば、「10万円をショッピングに利用したい。借りた次の月には返せると思う。」とお考えであれば、少額の借り入れや短期間の借り入れにお得なキャッシング会社を選ぶことをおすすめします。

 

たとえば、「200万円を自営の事業費用として利用したい。毎月10万円ずつ、20ヶ月に渡って返済を行っていきたい。」とお考えであれば、上記とは真逆の、多額の借り入れや長期間の借り入れ、それから自営の事業費用ということですから、自営者向けのサービスをおこなっているキャッシング会社も視野に入れて良いかもしれません。

 

このように利用用途などが定まっているほど、明確にどのようなキャッシング会社を選ぶべきなのかが分かります。また、利用用途などを自身でしっかりと把握することによって、「借り入れる金額やプランの妥当さ」なども客観視することができますので、キャッシング会社選びより先に準備することをおすすめします。

 

お金を借りる時に大切なことは?
お金を借りると簡単に言っても色々な方法があります。まずはどれぐらいのお金を借りるのか、その目的などを明確にしておかなければなりません。
参照:http://お金を借りるには.com/

3系統から選ぶ

キャッシング会社を選ぶ際のポイントのひとつに「3系統」というものがあります。3系統とは、「専業系キャッシング」・「信販系キャッシング」・「銀行系キャッシング」となり、大手キャッシング会社はそれぞれ下記のように分類されます。

 

専業系キャッシング
  • アイフル
  • アコム
  • プロミス
  • モビット
  • レイク

 

信販系キャッシング
  • オリコカード
  • セゾンカード
  • セディナカード
  • 三井住友VISAカード
  • UCカード

 

銀行系キャッシング
  • オリックス銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 北海道銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行

 

3系統それぞれの特徴をご説明させていただきますが、専業系キャッシングとはキャッシング業を専業に行っている会社によるキャッシングのことを指します。キャッシング業を専業しているということだけあり、他系統のキャッシングよりも審査基準が易しいことなどからも利用しやすく、サービスも豊富なところが多く見られます。少額の利用から、多額の利用まで幅広く利用できます。

 

次に、信販系キャッシングはクレジットカード会社によるキャッシングのことを指します。クレジットカードをよく利用される方にとっては、安心感も大きく重宝されます。ただし、クレジットの上限額内でのキャッシング利用になるため、あまり多額のキャッシングには向いていない傾向にあります。

 

最後に銀行系キャッシングですが、こちらは銀行が行っているキャッシングのことを指します。大元が銀行ということもあり、その最大の特徴は、金利の低さです。また、どちらかというと多額の利用に向いておりますが、他系統と比べると審査基準が厳しく設定されています。

 

以上のような傾向から、専業系キャッシングはどのような利用用途や、どのような方でも利用しやすく、信販系キャッシングは少額の利用であればおすすめでき、銀行系キャッシングはご自身の収入の安定度が高く、多額の借り入れのときほどおすすめできます。